2020年度新設 高齢者の就業を支援する<エイジフレンドリー補助金>

エイジフレンドリー補助金は、高齢者が安心して働けるよう職場環境を改善する中小事業主に対して、その対応に要した費用の一部を補助するものです。

高齢者が多く働いている、または、高齢者雇用を促進していきたい、そうした中小事業主の方は、活用を検討してみてください。

┃エイジフレンドリー補助金

近年、高齢者雇用が増えることで高齢者による労働災害も増加しています。

高齢者雇用を促進していくためには、⾼齢者が安⼼して安全に働けるよう、⾼齢者にとって危険な場所や負担の⼤きい作業を解消していくことが求められます。

そうした取り組みにより、働きやすい職場環境をつくっていくことが必要です。

また、社会福祉施設、医療保健業、旅館業や飲⾷店等の接客サービス業等では、⾼齢者が就労する際の感染症予防対策も必要です。

エイジフレンドリー補助金では、そうした職場環境や設備、作業の改善に要する費用の一部を補助するものです。

┃エイジフレンドリー補助金の主な要件

【対象となる事業主】
次の(1)~(3)のすべてに該当すること
(1)⾼年齢労働者(60歳以上)を常時1名以上雇⽤している
(2)事業規模や従業員等の一定条件に当てはまる中⼩企業事業者
(3)労働保険及び社会保険に加⼊している

【対象となる取り組み】
働く⾼齢者を対象として職場環境を改善するための次の対策に要した費⽤が対象です。
・⾝体機能の低下を補う設備・装置の導⼊
・働く⾼齢者の健康や体⼒の状況の把握等
・安全衛⽣教育
・その他、働く⾼齢者のための職場環境の改善対策

この他の取り組みも補助対象として認められる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。

┃エイジフレンドリー補助金の助成金額額

補助率:2分の1
上限額:100万円(税込み)

ただし、事業場規模、⾼年齢労働者の雇⽤状況等について審査がありますので、すべての事業者が受給できるものではありません。

その他、詳しい要件は、厚生労働省が公表している資料も必ずご覧ください。

*厚生労働省
令和2年度エイジフレンドリー補助金について