2020(令和2)年度、地域別最低賃金の見直し

例年10月に行われる地域別最低賃金の改定。

毎年3%程度の賃上げと全国加重平均1000円を目標に改定が行われてきました。

┃令和2年度地域別最低賃金額改定の目安

地域別最低賃金は、中央最低賃金審議会の答申を受けて各地方最低賃金審議会で審議を行った後、各都道府県労働局長が決定します。

7月22日に開催された第57回中央最低賃金審議会で取りまとめられた答申では次のように述べています。

===============
「新型コロナウイルス感染症拡大による現下の経済・雇用への影響等を踏まえ、引上げ額の目安を示すことは困難であり、現行水準を維持することが適当」
===============

以上の通り、今年度については、最低賃金は据え置かれる可能性が高くなりました。

*厚生労働省
令和2年度地域別最低賃金額改定の目安について