協会けんぽの「令和2年度被扶養者資格再確認」

全国健康保険協会(協会けんぽ)では、毎年、被扶養者として手続きをされた人が引き続き被扶養者としての資格を満たしているかどうかの確認を行っています。

┃「令和2年度被扶養者資格再確認」の概要

○実施時期
適用事業所に対して、令和2年10月上旬から下旬にかけて、順次「被扶養者状況リスト」が郵送されます。

○再確認の対象となる被扶養者
令和2年4月1日において、18歳以上である被扶養者。ただし、令和2年4月1日以降に被扶養者となった者は対象外となります。

○確認方法
事業主から被保険者へ確認を実施し、被扶養者状況リストに確認結果を記入し、返信します。

○被保険者と別居している者または、海外居住の者について
扶養者状況リストに同封されている被扶養者現況申立書の記入、被扶養者要件を満たしていることが確認できる下記書類の提出が必要です。

・被保険者と別居している被扶養者→仕送りの事実と仕送り額が確認できる書類
→学生の場合は省略可能

・海外に在住している被扶養者→海外特例要件に該当していることが確認できる書類

こうした取り組みの一つ一つが協会けんぽの財政状況の改善につながり、社会保険料上昇の抑制につながります。

*全国健康保険協会(協会けんぽ)
令和2年度被扶養者資格再確認について