男性の育児休業取得率が上昇

男性の育児休業取得率が若干上昇しています。

男性の育児休業取得率上昇の背景には、育児介護休業法等の改正や雇用関係助成金の後押しもあるものと考えられます。

┃育児休業取得者割合

厚生労働省から「令和元年度雇用均等基本調査」の結果が公表されました。

この調査は、男女の雇用均等問題に係る雇用管理の実態を把握し、雇用均等行政の成果測定や方向性の検討を行う上での基礎資料を得ることを目的としています。

○育児休業取得者割合(女性):83.0%
令和元年 10 月1日までに育児休業を開始した者の割合は 83.0%と、前回調査(平成 30 年度 82.2%)より 0.8 ポイント上昇。

○育児休業取得者割合(男性):7.48%
令和元年 10 月1日までに育児休業を開始した者の割合は 7.48%と、前回調査(平成 30 年度 6.16%)より 1.32 ポイント上昇。

男性の育児休業取得率が上昇している背景しては、
・男性も育児休業を取得できることが認知されてきた
・育児介護休業法等の改正により企業の意識が高まってきた
このようなことが考えられます。

また、両立支援助成金による行政からの支援策も影響していると思われます。

男性の育児休業取得も権利として認められている以上、事業主としても対応していくしかありません。

「男性の育児休業取得は認めない」という対応をとってしまうと行政指導の対象となったり、SNS等で悪い口コミがひろがったりする原因にもなります。

*関連記事
2020年度 雇用関係助成金<両立支援助成金(出生時両立支援コース)>

*厚生労働省
令和元年度雇用均等基本調査:調査の概要