マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

2021年3月から、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。

なお、マイナンバーカードを健康保険保険証として使用するためには、マイポータルから申し込みが必要です。

┃マイナンバーカードを健康保険証として使用するメリット

○転職をしても引き続き健康保険証として使用できる
健康保険証の場合、転職の際には退職する事業主を通して健康保険証を返却し、転職先で新たに発行してもらう必要がありました。

マイナンバーカードを健康保険証として使用することで、健康保険証が手元にない期間を短くできます。

○確定申告時の医療費控除が簡単に
医療費情報が自動登録されることで確定申告時の医療費控除の申請が簡単になります。

○限度額適用認定証が無くても高額療養費制度を受けられる
窓口での負担を一定額以内に抑える高額療養費制度。本来は、事前に申請して限度額適用認定証を受け取るか後から高額療養費の申請をする必要がありました。

今回のマイナンバーカードと健康保険証の連携により、そうした手続きが不要になります。

マイナンバーカードを健康保険証として使用するためには、まずはマイナンバーカードの申請が必要です。

*厚生労働省
マイナンバーカードの保険証利用についてお知らせします(被保険者向け)