新型コロナウイルス感染症の影響に伴う留学生のアルバイトの取り扱い

法務省は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて本国への帰国ができなかったり、在留期間の延長が必要になったりした外国人に対する特例を公表しました。

「資格外活動」についても特例がありますので注意が必要です。

┃資格外活動許可を受けなくともアルバイトが可能に

外国人留学生のアルバイトを雇用している事業主であれば、雇い入れの都度、在留カードを確認して「資格外活動許可」があるかどうかを確認していると思います。

「留学」の在留資格で来日していた人が、帰国便の確保や本国国内の住居地への帰宅が困難な場合は、在留資格「特定活動(6か月)」への在留資格変更許可が可能です。

このとき、就労を希望する場合は、資格外活動許可を受けなくとも1週につき28時間以内のアルバイトが認められることとなりました。

その他、詳しい内容については法務省のホームページをご覧ください。

*法務省
・新型コロナウイルス感染症の感染拡大等を受けた留学生への対応について
・本国等への帰国が困難な外国人に係る取扱い