育児休業中の就業と育児休業給付金

育児介護休業法で定められている育児休業は、本来労働者に対して労働義務を免除するものであり、原則的に事業主は、労働を命じることはできません。

しかし、一時的、臨時的なものに限り例外があります。

┃育児休業中の就労

本来、育児休業中の労働は想定されておらず、育児休業中に労働すると育児休業給付金は、支給対象外になります。

┃一時的・臨時的な育児休業中の就労

事業主と労働者間の話し合いにより合意があった場合で子の養育をする必要がない期間に限り、一時的・臨時的にその事業主の下で就労することはできます。

その場合の労働時間・労働日数が次の条件を満たしていれば、育児休業給付金も継続して受給することが可能です。

・労働日数が月10日以下
→10日を超える場合は、月間労働時間が80時間以下

この条件は、「月10日以下、または、月80時間以下なら働かせることができる」という意味ではないので注意が必要です。

*厚生労働省
育児休業中の就労について