補助金額最大1億円【事業再構築補助金】

コロナ禍で事業継続の見通しが不安定な中、企業の思い切った事業再構築を支援するために事業再構築補助金が創設されました。

ポストコロナ、ウィズコロナ時代を見据えて新しいチャレンジを考えている場合には、活用を検討してみると良いでしょう。

┃事業再構築補助金の概要

「事業再構築」とは、「新分野展開」、「事業転換」、「業種転換」、「業態転換」又は「事業再編」の5つを指します。

事業再構築補助金を申請するためには、この5つのうちいずれかに該当する事業計画を認定支援機関と策定する必要があります。

┃事業再構築金の主な要件

事業再構築補助金を申請するためには、次のすべての条件を満たす必要があります。

①売り上げの減少
申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月 の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等。

②事業計画の策定
事業計画を認定経営革新等支援機関や金融機関と策定し、一体となって事業再構築に取り組む中小企業等。

③付加価値の上昇
補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加、
又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加の達成。

┃事業再構築とは

「新規事業を始めたい」「新しい業種・業態にチャレンジしたい」という軽い気持ちで取り組んでしまうと失敗する可能性が高いです。

事業再構築補助金が採択されるような事業再構築とは、

  • ○過去に製造等した実績のない物の製造
  • ○既存製品では代替が効かないものであること
  • ○新たな製品等での売上高が10%以上となること
  • ○新たな製品や事業が売上高において最も高くなること
  • ○既存の設備の撤去や店舗の縮小等があること
  • ○「合併」、「会社分割」、「株式交換」、「株式移転」、「事業譲渡」等を行うこと

以上のようなことが計画に盛り込まれている必要があります。

┃事業再構築補助金の補助金額

○中小企業(通常枠)
補助金額:100万円~6000万円
補助率:2/3

○中小企業(卒業枠)
補助金額:6000万円~1億円
補助率:2/3

※卒業枠
400社限定。事業計画期間内に、①組織再編、②新規設備投資、③グローバル展開のいずれかにより、資本金又は従業員を増やし、中小企業者等から中堅・大企業等へ成長する事業者向けの特別枠。

○中堅企業(通常枠)
補助金額:100万円~8000万円
補助率:1/2(4000万円超は1/3)

○中堅企業(グローバルV字回復枠)
補助金額:8000万円~1億円
補助率:1/2

※グローバルV字回復枠
100社限定。グローバル展開を目指す等、一定条件を満たした場合の特別枠。

*経済産業省
事業再構築補助金