アルバイトやパートタイマーの労働条件

季節柄、学生が初めてアルバイトを始めたり働き先が変わったりすることが多くなります。

そこで厚生労働省は「「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン」を全国で開催し、仕事(アルバイト)のトラブル防止を呼び掛けています。

┃「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン

厚生労働省は、特に多くの新入学生がアルバイトを始める4月から7月までの間に「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを展開します。

この期間、大学の学内等でリーフレットを配布する等して労働関係法令の周知を図ります。

┃アルバイトやパートタイマーにも労働関係法令は適用される

「アルバイトは仕事をこれから覚えるので最低賃金未満で働かせてもいいですか?」
「お開店準備や閉店後の片づけはアルバイト代を払わなくてもいいですか?」
「アルバイトがケガをしたのですが、健康保険で病院に行かせてもいいですか?」

このような質問・相談を受けることもありますが答えは全て「NO」です。

アルバイトやパートタイマーであっても当然に

  • ○最低賃金
  • ○労働時間(時間外労働)
  • ○労災保険

これら、労働関係法令のルールが適用されます。

┃中小企業事業主の方がルールを知らないことも

大学等での学生向けの取り組みやインターネットを活用した情報発信など行政も情報提供を強化しています。

学生同士でも「おかしい」と感じたことは他の学生に聞いたりスマートフォンで調べたりなど、すぐに情報が手に入ります。

特に小規模な個人店や中小企業の場合、昔の感覚で事業をしていたり、そもそも情報が古かったりすることもあります。

そうすると労働関係法令について「知らないのは事業主の方」ということにもなりかねません。

事業主が労働関係法令を知らない、守らないことが原因でアルバイトが辞めてしまい、学生同士の中で「ブラックバイト」の烙印が押されれば新たな採用が難しくなることも考えられます。

*厚生労働省
「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを全国で実施