改正育児介護休業法成立┃男性の育児休業取得促進

改正育児介護休業法が今国会で成立しました。

この法改正では、男性の育児休業取得促進を中心として、育児休業制度をより利用しやすくするような内容になっています。

┃改正育児介護休業法の概要

①男性の育児休業取得促進

  • ・出生後8週以内に4週まで取得できる新たな育児休業の創設
  • ・2回まで分割取得可能
  • ・一定条件の元に休業中の就業も可能に

②育児休業を取得しやすい雇用環境整備・個別の労働者への制度周知義務等

  • ・育児休業を取得しやすい雇用環境整備
  • ・妊娠、出産を申し出た社員に対する制度周知等を事業主に義務付ける

③育児休業の分割取得を可能にする

④育児休業の取得状況の公表を企業に義務付ける

・常時雇用する労働者数が1,000人超の事業主に対し、育児休業の取得状況を公表義務付け。

⑤有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和

・育児介護休業の取得要件の「有期雇用労働者は継続1年以上雇用されていること」という要件を原則撤廃

⑥その他

・育児休業給付金について出産日によって受給要件を満たさなくなってしまう場合の特例を設ける

今後、厚生労働省から詳細が公表されるものと思われますので、また情報が入り次第、ここで発信していきます。

事業主としては、育児介護休業法をしっかりと理解し、制度をしっかりと周知していくことが重要になります。

*厚生労働省
育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律案(令和3年2月26日提出)