「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談、12カ月連続でトップ

日本労働組合総連合会(連合)は、「なんでも労働相談ダイヤル」2020年1月分の集計結果を発表しました。

受付件数は954件で、前年同月比46件増でした。

業種別では「医療・福祉」(131件・20.8%)が3カ月連続で最多で、主な相談内容は、「パワハラ・嫌がらせ」(150件・15.7%)が12カ月連続で最も多くなりました。

それに次いで「解雇・退職強要・契約打切」「雇用契約・就業規則」「退職手続き」「年次有給休暇」が上位になっています。

※日本労働組合総連合会(連合)
「なんでも労働相談ダイヤル」2020年1月分

24時間受付 WEBからのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ