2020(令和3)年度地域別最低賃金の改定目安

毎年10月ころに改定が行われる地域別最低賃金について、2020(令和3)年度の改定目安が公表されました。

┃最低賃金改定目安は史上最高額

中央最低賃金審議会が示した最低賃金改定目安は、昭和53年度に目安制度が始まって以降で最高額の引き上げ額28円となりました。

引き上げ率は、3.1%となっています。

┃全国一律28円の引き上げ目安

例年、地域別最低賃金の改定については、都道府県をAからDランクに分けて地域の経済実態に応じて引き上げ金額が示されていました。

2020(令和3)年度は、A~Dランク全てにおいて引き上げ額28円の目安が示されています。

地域別最低賃金は今後、都道府県労働局の地域別最低賃金審議会を経て正式決定しますが、大幅な引き上げは避けられないと思われます。

事業所内の最低時給を最低賃金と同程度で設定している場合には、見直しの準備を始めましょう。

*関連記事
最低賃金制度とチェック方法

*厚生労働省
令和3年度地域別最低賃金額改定の目安について