助成金・補助金の追加予算「令和元年度補正予算案」

2019年12月13日、政府は令和元年度補正予算案を閣議決定しました。

大きく分けて次の4つの経済対策に対して、補正予算が編成されています。

(1)災害からの復旧・復興 2兆3,086億円
(2)経済の下振れリスク対応 9,173億円
(3)東京2020後を見据えた景気活性化策 1兆771億円
(4)その他 392億円

この中で「(2)経済の下振れリスク対応 9,173億円」について、厚生労働省と経済産業省に予算がつけられています。

助成金・補助金に関する内容としては、次のようなものが挙げられます。

【厚生労働省】
●中小企業・小規模事業者の生産性向上の支援 14億円
●生活衛生関係営業者の生産性向上の支援 2.8億円
●介護事業所における生産性向上の推進 1.5億円
●就職氷河期世代への支援 18億円

【経済産業省】
●中小企業生産性革命推進事業 3,600億円
・ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業(ものづくり補助金)
・小規模事業者持続的発展支援事業(持続化補助金)
・サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)
・通年で公募し、複数の締め切りを設けて審査・採択を行うことで、予見可能性を高め、十分な準備の上、都合の良いタイミングで申請・事業実施することを可能にする

詳しい情報が公表され次第、お知らせします。

24時間受付 WEBからのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ