マイナンバーカードが健康保険証として使用できるようになります

内閣府のマイナンバー特設ページで<2021年3月(予定)からマイナンバーカードが健康保険証として使えるようになります!>というリーフレットを公開しました。

2021年3月からの利用開始を目指しています。

マイナンバーカードの健康保険証利用

2020年度から全国の医療機関や薬局で順次、必要な機器を導入し2021年3月から利用を開始ししていくとしています。

2021年の利用開始時には、全国で6割程度の普及を目指しています。

マイナンバーカードの健康保険証利用のメリット

マイナンバーカードの健康保険証利用については、次の6つのメリットがあるとされています。

①健康保険証としてずっと使える
転職時などに保険証を切り替える必要がないため、保険証の切り替えを待つ必要がなくなります。

②医療保険の資格確認がスピーディに
医療機関や薬局の窓口での対応がスムーズになります。

③窓口への書類の持参が不要に
高齢受給者証や高額療養費の限度額認定証などの書類の持参が不要になります。

④健康管理や医療の質が向上
患者本人の同意の元、医師や薬剤師が検診や薬剤の情報を確認できるようになります。

⑤医療保険の事務コストの削減
医療保険の請求誤りや未収金が減少するなど、保険者等の事務処理のコスト削減につながります。

コスト削減により、被保険者の医療費にも影響があるかもしれません。

⑥マイナンバーカードで医療費控除も便利に
マイナポータルを活用することにより、医療費控除の申告時に領収書等の添付が不要になります。

2021年の開始時は、若干の混乱やシステムの不備があることも予想されますが普及が進んでいくことは確かです。

※内閣府
2021年3月(予定)からマイナンバーカードが健康保険証として使えるようになります!

24時間受付 WEBからのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ