新卒入社の七五三現象と現在の状況

新卒入社の七五三現象とは、新規学卒者として入社した人の3年以内離職率が高いことを揶揄した表現です。

最近では、この七五三現象も若干の変化が見られているようです。

┃新卒入社の七五三現象とは

新卒入社の七五三現象とは、新卒で入社した人のうち中卒7割、高卒5割、大卒3割が入社後3年以内に辞めてしまう現象のことをいいます。

七五三現象は、若年層の失業率とともに早期離職の問題として取り上げられてきました。

┃新規学卒就職者の離職状況(令和2年度)

厚生労働省から公表された「新規学卒就職者の離職状況(令和2年度)」によると早期離職率は、若干の改善が見られました。

  • ■ 新規学卒就職者の就職後3年以内離職率
  • ・中卒 55.0%
  • ・高卒 36.9%
  • ・大卒 31.2%
  • ・短大卒など 41.4%

事業規模別で見てみると5人未満が一番高く、人数が増えていくと離職率が低下していく傾向にあります。

これは、入社後のフォロー体制や教育訓練制度なども影響があるものと思われます。

┃さいごに

新規学卒者にかかわらず、早期離職を防ぐことは企業にとって重要な課題です。

まずは入り口でミスマッチをできる限り減らし、入社後のフォロー体制や教育訓練制度なども充実させていくことが重要です。

*厚生労働省
新規学卒就職者の離職状況を公表します