労働者派遣事業の許可取消事例(2019年12月)

労働者派遣とは、自己の雇用する労働者をその雇用契約を維持しながら、他人の指揮命令下で労働させることを言います。

労働者派遣事業を行うためには、許可を得る必要があります。

労働者派遣事業では、許可要件や欠格事由が定められており、許可を得られない(不許可)場合や許可決定後に許可を取り消されるケースもあります。

違法行為をして許可取消処分を受けると企業の名を公表されてしまい信頼が失墜するとともに、当然のことながら労働者派遣事業は継続できなくなりますので注意が必要です。

※厚生労働省
労働者派遣事業の許可を取り消しました