健康保険の被扶養者要件変更と様式変更

2020年4月から健康保険の被扶養者と国民年金第3号被保険者の要件に国内居住要件が追加されることに伴い、届け出様式の記載事項が変更になります。

海外居住が例外的に認められる場合

原則は、国内に住所を有していないと被扶養者および国民年金第3号被保険者にはなれませんが、次に当てはまる場合、例外的に認められます。

(1) 外国において留学をする学生
(2) 外国に赴任する被保険者に同行する者
(3) 観光、保養またはボランティア活動その他就労以外の目的での一時的な海外渡航者
(4) 被保険者の海外赴任期間に当該被保険者との身分関係が生じた者で、(2)と同等と認められるもの
(5) (1)から(4)までに掲げられるもののほか、渡航目的その他の事情を考慮して日本国内に生活の基礎があると認められる者

例外により認定を受ける場合の添付書類など

上記の例外により被扶養者および国民年金第3号被保険者の認定を受けようとする場合には、添付書類が必要になります。

(1)の場合
査証(ビザ)、学生証、在学証明書、入学証明書等の写し
(2)の場合
査証(ビザ)、海外赴任辞令、海外の公的機関が発行する居住証明書の写し
(3)の場合
査証(ビザ)、ボランティア派遣期間の証明、ボランティアの参加同意書等の写し
(4)の場合
出生や婚姻等を証明する書類等の写し
(5)の場合
個別に判断

例外による認定対象者がいる場合には、添付書類の確認を求められた時に応じられるよう準備が必要です。

※日本年金機構
【事業主の皆様へ】被扶養者における国内居住要件の追加について

24時間受付 WEBからのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ