外国人雇用状況届出書に「在留カード番号記載欄」が追加

2019年9月、労働施策総合推進法施行規則の改正が行われました。

その中で「外国人雇用状況届出事項として、在留カード番号を追加」する改正がありました。

外国人雇用状況の届出

外国人労働者を雇用する事業主は、その雇用する外国人に関する情報をハローワークへ届け出ることが義務付けられています。

届け出が必要な外国人労働者の情報は「氏名、在留資格、在留期間、生年月日、性別、国籍・地域等」です。

今後、増々外国人労働者は増えていきます。

外国人労働者を雇用したときの手続き等、漏れのないようにしましょう。

※関連記事
外国人労働者と労務管理

24時間受付 WEBからのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ