外国人労働者の雇い入れ時に在留カード番号が必須に

外国人労働者を雇い入れるとき、または、雇用している外国人労働者が離職する際には、その旨をハローワークへ届け出る必要があります(外国人雇用状況届)。

2020(令和2)年3月1日以降、外国人雇用状況の届け出を実施する際、在留カード番号の記載が必要になります。

外国人雇用状況の届出

外国人労働者を雇用する事業主は、その雇用する外国人に関する情報をハローワークへ届け出ることが義務付けられています。

届け出が必要な外国人労働者の情報は「氏名、在留資格、在留期間、生年月日、性別、国籍・地域等」です。

外国人労働者を雇い入れる際には、日本人労働者とは異なる手続きが発生する場合がありますので注意が必要です。

※関連記事
外国人労働者と労務管理
「外国人雇用管理士」

24時間受付 WEBからのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ