トラックドライバーの健康管理・労災対策

トラックやバスの運転手が運転業務中に意識を失い重大事故を引き起こすケースが増えています。

これは、運転業務中に発症した脳・心臓疾患等が原因と言われており、これらは、長時間労働が原因と考えられています。

こうした労災事故を防止するために国土交通省は、運転手の安全教育・事故防止マニュアルを公表しました。

トラック運送業や自動車等を使用する事業主は、このマニュアルを参考に重大な事故の防止に努めることが期待されます。

■国土交通省<運転手の安全教育・事故防止マニュアル>
①自動車運送事業者における心臓疾患・大血管疾患対策ガイドライン(7月公表)
②適切な運行管理と安心経営のためのICT活用ガイドブック(6月公表)

24時間受付 WEBからのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ