トラック運送業の人材不足対策・働き方改革

2019年7月、トラック運送業に対して新たな制度が施行されます。

これに従わない場合、「勧告」「事業主情報の公表」「公正取引委員会への通知」等の措置が取られます。

トラック運送業に対する新制度施行の背景

トラックドライバーは、ドライバーの高齢化や人材不足が恒常化しています。

人材不足の原因の一つとして「長時間労働」があると考えられており、今回の新制度はその長時間労働の削減を目標としています。

改正貨物自動車運送事業法

貨物自動車運送事業法(平成元年法律第 83 号)の改正により、次のようなことが定められました。

① 規制の適正化
② 事業者が遵守できる事項の明確化
③ 荷主対策の深度化
④ 標準的な運賃の公示制度の導入

今回、上記の①から④のうち、③について施行されます。

トラック運送業の長時間労働の削減は、運送業者単独ではなく荷主の協力が必要不可欠です。

※厚生労働省
7月1日より、トラックドライバーの働き方改革に向けた新制度がスタートします

24時間受付 WEBからのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ