雇用保険、労災保険等の追加給付に向けた詳細

厚生労働省の毎月勤労統計調査が不適切な手法により行われていた問題で、雇用保険、労災保険等の追加給付に向けた詳細が公表されています。

不足分がある可能性がある人

次の給付を受けていた人は、追加給付がある可能性がありますので一度、問い合わせをしてみると良いでしょう。

① 雇用保険関係
以下の給付を、2004年8月以降に受給された方
・基本手当、高年齢求職者給付、特例一時金
・就職促進給付
・高年齢雇用継続給付
・育児休業給付、介護休業給付
・教育訓練支援給付金
・就職促進手当(労働施策総合推進法)
・政府職員失業者退職手当(国家公務員退職手当法) など

② 労災保険関係
以下の給付を、2004年7月以降に受給された方
・傷病(補償)年金
・障害(補償)年金
・遺族(補償)年金
・休業(補償)給付   など

③ 事業主向け助成金
・ 「雇用調整助成金」の支給決定の対象となった休業等期間の初日が2004年8月から2011年7月の間であったか、2014年8月以降であった事業主  など

④ 船員保険関係
職務上災害により以下の給付を、2004年8月以降に受給された方
・障害年金
・遺族年金     など

不足分の計算方法などについての解説は、特設ページでもされていますが、該当の資料をもって一度、相談するのが確実でしょう。

※厚生労働省
統計への信頼回復に全力を尽くします

24時間受付 WEBからのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ