就業規則コンサルティング・就業規則作成支援

スポーツにもルールがあるように就業規則とは、会社のルールブックです。

就業規則は、校則のように従業員をルールに従わせたり、ルールで縛ったりするためのものではなく、会社と従業員がお互いにルールを守りながら気持ちよく働く(働いてもらう)ためのものです。

ルールをあらかじめ明確にすることで、判断で迷う時間を削減し、仕事に専念することができます。

┃就業規則は従業員が10人以上にならなければ作らなくてもいい?

労働基準法において、「常時10人以上の労働者を使用する使用者は就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出なければならない」と規定されています。

このことから「従業員が10人未満であれば就業規則を作らなくてもいい」という誤解をしている人が多いです。

就業規則は、前述の通り会社のルールであり、会社と従業員の間の約束(契約書)です。

ビジネスを始めるとき、契約書等の書面を一切作成せずに取り引きを始めることがあるでしょうか。

お互いに気持ちよく働くために、そして会社としてのリスクマネジメントのために一人でも従業員を採用するときには、就業規則の作成を検討する必要があるでしょう。

┃就業規則を作成することにより実現できること

例えば、こんなお悩みを持っている経営者さんはいませんか?

□職場にルールがない(就業規則がない)ことが原因で、従業員の間に不満が出ている
□原因はよくわからないが辞めてほしくない人に辞められている
□離職の引き留めに関して、お給与アップでしか引き留め手段が思いつかいない

こうした課題やお悩みを就業規則を作成することによって解決できる可能性があります。

┃社労士法人GOALの就業規則【4つのポイント】

良い会社をつくるために次の4つのポイントを重視して就業規則を作成します。
①細部にこだわるオーダーメイド型就業規則
②会社への信頼感を重視するロイヤリティ型就業規則
③ムダ金を払わない完全リスク対応型就業規則
④創造性溢れる未来ビジョン型就業規則

┃多彩なオプション

固定残業制(みなし残業制)や各種の変形労働時間制、裁量労働制など多様な働き方の制度導入や制度設計までサポートします。

┃周辺規程の作成も細かくサポート

正社員用の就業規則や賃金規程だけではなく、パートタイマー用の就業規則や賃金規程の作成ももちろん対応可能です。

その他、会社の実情をヒアリングした上で、必要な規程をご提案します。

例えば、次のような規程があります。
・テレワーク規程
・SNS、ソーシャルメディア利用管理規程
・車両管理規程
・出張旅費規程
・慶弔見舞金規程
・勤務間インターバル規程
・福祉・介護職員処遇改善規程
・退職金規程

その他、ご要望に応じて各種規程を作成します。

┃人事様式・労使協定等、各種書式集のご提供

日々の人事、労務管理において、36協定や雇用契約書、残業申請書等の各種申請書が必要になります。

弊社で就業規則を作成していただいたお客さまには、就業規則と連動して使うことができる人事様式集をセットでご提供します。

┃就業規則ハンドブック・ワークルールブックの作成

通常の就業規則の場合、「むずかしい」「読んでもわからない」などのイメージが先行し、なかなか従業員の目に触れないことも少なくありません。

そこで弊社では、就業規則の中でも特に大事なところだけをピックアップした【就業規則ハンドブック・ワークルールブック】の作成をお勧めします(別途オプション)。